パンフレット

治療に効果的な成分

ご相談

糖尿病専門の相談スタッフが、今後のアドバイスや、生活上の不安などどんな小さなお悩みにも親切、丁寧にお答えします。
お気軽にお電話ください。

お問い合わせ
お問い合わせはこちら
漢方医学とは

インスリン注射について

インスリン療法

糖尿病治療で有名な物の中に「インスリン療法」があります。 インスリンを注射で補い血糖値をコントロールする方法で、1型糖尿病患者はもちろん 飲み薬が効かなくなり血糖値のコントロールが難しくなった2型糖尿病の患者に対しても、その後の血糖管理がしやすくなるメリットがあり、利用するインスリンの種類や注射のタイミングなどは医師の指導を受けて決定していきます。

インスリン療法が必要な時

  • 高血糖状態が顕著で速やかに血糖値を下げなければならない
  • 経口薬を使った治療では血糖値のコントロールが上手くいかない時
  • 妊娠中(妊娠希望)や授乳をしている糖尿病患者
  • 感染症になっていたり、手術を受ける予定がある糖尿病患者

インスリン注射の種類

注射と聞くと緊張する方もいるかもしれませんが、現在インスリン注射は自分で手軽に行え 痛みがあまりないように針を短くしたりと工夫が凝らされています。 キット製剤やペン型の注射が良く使われており、自身の皮下(お腹や腕、お尻や太ももなど)に 注射します。インスリンには4つの種類があり、超速効型、速効型、混合型、中間型、持続型(持効型溶解)それぞれの 効果の現れる時間や持続時間、最も効果が強く表れる時間が違っています。

インスリン注射の部位

注射する部分は、一般的にお腹・腕(二の腕)・太ももです。
前に注射した箇所より 2〜3cmほどずらして注射をしないと皮膚にへこみや出っ張りが生じることがあるので気を付けて下さい。

温度管理をしっかりと

使用中のインスリン製剤は室温(1〜30℃)で保管してください。
インスリンを保管する際、窓際や車の中など温度が高くなりやすい場所には置かないよう 注意が必要です。外出時に携帯する時も温度が高い場所に置き忘れたりしないようにして下さい。

間食を避ける

間食を避ける

予想外の血糖値上昇につながる「間食」は血糖管理が上手くいかない原因となりますので やめるようにしましょう。特に2型糖尿病の人は注意が必要です。 できるだけ1日の食事でお腹を満たすようにしてください。

低血糖に注意

インスリンの影響で「低血糖(目安として血糖値が70mg/dl以下になる)」事があります。 体をたくさん動かした時や食事が遅くなった時などは注意が必要です。

低血糖に注意
【低血糖の症状】

目のかすみ
動悸
ふるえ
眠気
発汗
脱力感
頭痛
意識障害
昏睡

低血糖を避けるには糖分の携帯を忘れずに、もしも上記のような症状がおきた場合は 「ブドウ糖」無ければ「ジュース」や「砂糖」等糖分を含んだものを摂取してください。

こんな症状はありませんか?
目
目がかすむ、まぶしい、見にくい、失明する
脳
立ちくらみ、めまい、頭痛のぼせ、熱、眠れない
心臓
腹・胸部の痛み、動悸・息切れ
口元
ノドが乾く、咳・鼻水が多い、口が臭う
性
インポテンス(ED)、睾丸が痛い
お腹
オナラが多い、ケップが多い、腹部膨満感、食事がまずい、食欲が異常、吐き気、トイレが近い、貧尿、膀胱、泌尿器が痛い、便秘
皮膚
身体が脂っぽい、肌荒れ吹き出物、皮膚がたるむ、水虫、アレルギー性皮膚炎
外見
汗の異常
手足
手足のシビレ、手足のふるえ、足がつる、虫がはってる感じ、寒くなるとしびれが出る、手足の冷え、足裏の違和感、肩こり
ご相談
お電話でのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメール送信ページ
ページトップ