パンフレット

治療に効果的な成分

ご相談

糖尿病専門の相談スタッフが、今後のアドバイスや、生活上の不安などどんな小さなお悩みにも親切、丁寧にお答えします。
お気軽にお電話ください。

お問い合わせ
お問い合わせはこちら

糖尿病治療に効果的な成分

  • トウビシ
  • 紫菊花
  • 荷花掌
  • ユーカリ葉
  • サラシア
  • バナバ
  • ギムネマ

糖尿病治療に効果的なトウビシハーブ療法について

トウビシの糖尿病改善効果

紫菊花
 

果皮(かわ)部分に多量に含まれるトウビシ独自のポリフェ ノール類に由来します。

【①α-グルコシダーゼ阻害作用(血糖値上昇抑制作用)】

α-グルコシダーゼの働きを阻害して、血管へのブドウ糖の吸収を抑えます。
食後過血糖にならずヘモグロビンA1cが低下します。

【②抗糖化作用】

血液中に血糖が多い糖尿病患者は、血糖と血管のタンパク質が結合してAGEsが蓄積し、動脈硬化を引き起こすのです。
※特許番号/第5805226
抗糖化について更に詳しく

【③糖化還元作用】

抗糖化作用で、動脈硬化からくる合併症の予防をしな がら、糖化還元作用で動脈硬化を改善し、合併症を改善 する働きがあることがわかりました。
トウビシについて更に詳しく

【④その他のハーブとの併用も大切】

このように素晴らしい効果を持っているトウビシですが、 糖尿病を予防あるいは改善するには、さらに、必要以上に血 糖値を上げずにインスリンの無駄遣いを抑えて、インスリン が正常に働くようにすることが大切です。
そこで、トウビシ に加えてサラシア紫菊花ユーカリ葉ポリフェノールなど の天然物を同時にとることがすすめられます。

さらに他のハーブとの併用で...


荷花掌に含まれる成分
  • 血糖値上昇抑制(ヘモグロビンA1cの低下)
  • 抗血栓作用(血栓が出来るのを防ぐ)
  • 抗ガン作用
  • 高血圧の改善
  • 脂質異常症(旧:高脂血症)の改善
  • 肥満予防効果
  • 美肌・アンチエイジング効果・抗酸化作用...など
こんな症状はありませんか?
目
目がかすむ、まぶしい、見にくい、失明する
脳
立ちくらみ、めまい、頭痛のぼせ、熱、眠れない
心臓
腹・胸部の痛み、動悸・息切れ
口元
ノドが乾く、咳・鼻水が多い、口が臭う
性
インポテンス(ED)、睾丸が痛い
お腹
オナラが多い、ケップが多い、腹部膨満感、食事がまずい、食欲が異常、吐き気、トイレが近い、貧尿、膀胱、泌尿器が痛い、便秘
皮膚
身体が脂っぽい、肌荒れ吹き出物、皮膚がたるむ、水虫、アレルギー性皮膚炎
外見
汗の異常
手足
手足のシビレ、手足のふるえ、足がつる、虫がはってる感じ、寒くなるとしびれが出る、手足の冷え、足裏の違和感、肩こり
ご相談
お電話でのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメール送信ページ
ページトップ