パンフレット

治療に効果的な成分

ご相談

糖尿病専門の相談スタッフが、今後のアドバイスや、生活上の不安などどんな小さなお悩みにも親切、丁寧にお答えします。
お気軽にお電話ください。

お問い合わせ
お問い合わせはこちら
漢方医学とは

糖尿病治療に効果的な成分

  • トウビシ
  • 紫菊花
  • 荷花掌
  • ユーカリ葉
  • サラシア
  • バナバ
  • ギムネマ

ユーカリ葉ポリフェノール

ユーカリ葉とは?

ユーカリ葉
 

ユーカリは、オーストラリア原産 のフトモモ科ユーカリ属の総称です。  コアラの食物として知られている ユーカリですが、オーストラリア先 住民(アボリジニ)は傷を癒すのに 葉を利用し、葉から取れる精油は殺 菌作用や抗炎症作用、鎮痛・鎮静作 用があるとされ、医薬品やアロマテラピーなどに用いられて います。このアボリジニの知恵を借りて、現代化学によって 昇華したのが、ユーカリ葉から採れるポリフェノールの機能 性です。  ユーカリ葉ポリフェノールの機能性は、おもに、フル クトース(果糖)吸収抑制、肥満予防効果、内臓脂肪蓄 積抑制効果、脂肪肝抑制効果、非アルコール性脂肪肝炎 (NASH)抑制効果、血中中性脂肪低下作用、抗糖化 作用です。また、フルクトースの過剰摂取によってひき おこされる高コレステロール血症(高脂血症)、インス リン抵抗性、高血圧、動脈硬化、血栓などの予防・改善 効果も期待されます。

果糖の過剰摂取の問題点

果糖は果物などに多く含まれる単糖類の一種です。果糖は ブドウ糖とは異なり、肝臓だけで代謝されます。そのため 果糖は血糖値を上げず、さらに甘味は強く、ブドウ糖より低 カロリーという特性もあり、体に良いというイメージが浸透 していました。ところが、1970年代にキューバ危機で、 砂糖不足に陥ったアメリカでとうもろこしのデンプンから得 られるブドウ糖を酵素反応によって作り変えた果糖の需要が 高まり安価に大量生産出来ることから、急速に広まったのだ が、並行して肥満が増えていったため、米国では研究も進み 「高果糖シロップを与えたラットは、高脂肪食を与えるより も体重が増え、中性脂肪も多くメタボになった」(プリンス トン大学)、「成人の脳機能を画像診断で調べたところ、ブ ドウ糖の摂取後、15分以内に食欲が減少したが、果糖では 減少しなかった」(エール大学)などの研究報告がなされて います。  
日本にも入ってきたこの果糖(異性化糖)は、瞬く間に広 まり、清涼飲料水、たれ類、加工食品、惣菜、漬物など多く の食品に利用されており、我々の食生活は果糖に囲まれ、日 本でもこの過剰摂取が問題視されています。  過剰摂取によって肝臓で代謝しきれなかった果糖は中性脂 肪に変わり、脂肪肝や脂質異常症などの生活習慣病や肥満な どを引き起こすことがわかっており、京都大学大学院医学研 究科の仲川孝彦・特定准教授らはスペインの大学との共同研 究で、成人男性に1日200グラムの果糖を2週間摂取して もらったところ、血圧上昇や中性脂肪の増加をはじめ、糖尿 病につながる血糖値を下げるインスリンの効き目が悪くなる (インスリン抵抗性)といった研究結果も報告されています。

ご相談
お電話でのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメール送信ページ
ページトップ