パンフレット

治療に効果的な成分

ご相談

糖尿病専門の相談スタッフが、今後のアドバイスや、生活上の不安などどんな小さなお悩みにも親切、丁寧にお答えします。
お気軽にお電話ください。

お問い合わせ
お問い合わせはこちら
漢方医学とは

漢方医学とは

漢方と聞くと、中国から伝承した中国の医学と考えている方も多いと思います。
しかし、漢方とは日本で独自の進化を遂げた医学であり"中医学"とは似て非なる医学なのです。
ここに書かれている事が漢方の全てではありません。
しかし、皆さんに少しでも漢方の素晴らしさを知って頂く事が出来れば幸いです。

漢方における診断方法

症状を含めた患者の状態を『証』といい、証を得るために四診という漢方理論に基づいた診断を行い、さらに医師の五感により最終的な証が導きだされるのです。西洋医学の数字に基づく診断とは違い、中医学の医師には診断を導きだすのに経験に大きく左右される(西洋医学の医師にも同じ事が言えますが、より必要という事)事もあります。

四診

治療法を決定するにあたり四診(望診、聞診、問診、切診)を行います。

望診

医師の肉眼による観察から、患者の体格、顔色、舌の状態などを診断していきます。この中で特に重要視されているのが舌の観察をもとにした診断で舌診(ぜっしん)とも呼ばれています。

聞診

医師の聴覚、嗅覚による観察から、患者の声、咳の音、排泄物の臭いなどから診断します。

問診

漢方独自の概念はあるものの、基本的には西洋医学と同様に家族歴、既住歴、現病歴、愁訴を問い、西洋医学よりも詳しく、一見無関係な質問も行い、全身状態の把握をより確実なものへとしていきます。

切診

医師の手を直接患者に触れて診察する方法で、脈の状態から診断する脈診(みゃくしん)とお腹の状態から診断する腹診(ふくしん)が特に重要視されています。 漢方における診断は時間を要します。特に問診には時間をたっぷりと割き、その原因と治療法を導きだします。

虚実証

虚実とは、疾病の過程における邪気と正気の闘争の現れで、生邪の盛衰(病態)に基づいて虚実という異なった病体が現れる事を指し、体質とも一定の関係があります。

虚証

虚とは、正気が虚弱なために現れる病態の総称を指します。身体に必要なものが不足することを主とするために起こる証候である病理の反映で、邪気に対する正気の抵抗力は低下しているため、正邪の間に激しい闘争はみられない状態です。疾病の後期、多くの慢性病証、誤治により正気を失った病証などに多く見られ、体質的なものとしては骨肉がすんなりしてか細く胃腸が弱く無力的な体質の人に多く見られます。主な症状として自汗、下痢、小便頻数、筋肉に弾力性がない、症状が少しずつ悪くなる、軽度の眩暈、喜按、隠痛、症状が疲労で増悪、休息で軽減、鄭声、脈は濡弱微虚があります。 抗炎症薬や化学療法薬で胃腸障害を起こしやすく、漢方薬でも胃腸障害を起こしやすいグループといえます。

実証

実とは、外邪の感受または体内の病理産物(瘀血・痰など)によって起こる病理的な状態の総称を指します。身体に不必要なものがあるため邪気の亢進であり、邪気の旺盛さを主とするために起こる証候である病理の反映です。邪気のみならず正気も比較的旺盛であり抵抗力も強いので、正邪の間の闘争は激しくなります。外感六淫による疾病の初期・中期、及び痰・水・血などの停滞による病証に多く見られ、体質的なものとしては骨肉ががっしりとして胃腸が丈夫で生命力の旺盛な体質の人に多く見られます。主な症状として無汗、便秘、小便の回数が少ない、筋肉に弾力性がある、症状が急に悪くなった、拒按、激痛、症状が疲労や休息で変わらない、譫語、脈は弦洪滑実があります。 人参・乾姜でのぼせを起こしやすいグループといえます。 虚実は、体質と一定の関係を持ち、四診から更に導きだした答えに虚実をはかり体質による違いから、治療法を細分化していきます。漢方にはこの他に、表裏、寒熱などといった理論があり、これを組み合わせた八網弁証という病状を分析する辨証方法を診断に用いています。

漢方薬

漢方薬は、日本で独自に発展した漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品を指します。 この方剤により、効能が大きく変わり、甘草湯(かんぞうとう)のように甘草だけの方剤もありますが、これは稀な例外です。
漢方医学の特徴は、伝統中国医学と同様に体全体をみるところにあり、「証」という概念を持っており、漢方薬も「証」にもとづき患者一人ひとりの体質を見ながら調合されます。漢方薬は病理状態ではじめて作用を示しますが、西洋医薬では正常でも異常でも一定の作用を示します。
日本でいうところのいわゆる漢方薬は、中華人民共和国では中薬、朝鮮半島では高麗薬として伝統的に使われていますが、日本では鎖国によって漢方医学が独自の発展を遂げたほか、薬事法の関係から漢方薬の成分分析が進んだため、中国では通常処方されない組み合わせでの処方が行われるようになり、日本式の処方による漢方薬を求めて中国から買い付けにくるという逆転現象すら起きているのです。また、「漢方薬=生薬」という解釈をしている人も多いが、上記からわかるように、これは誤解です。 日常的に、「漢方薬ではない生薬」の例は非常に多く、ゲンノショウコなりセンブリなりドクダミなりを煎じて、症状の詳細も体質も考慮せずにただ飲むだけであれば、それを漢方と呼ぶことは決してできないのです。また通常、漢方薬(方剤)は複数の生薬から構成された日本薬局方で認められた薬であり、生薬は、漢方薬(方剤)を構成するものです。

配合理論

漢方薬はただやみくもに生薬を組み合わせただけのものではありません。
そこには長年の積み重ねによる現代でいうところの臨床が繰り返されて、形になったものなのです。
様々な方剤が出来上がり、配合理論も確立されていきました。
ここに2つの漢方を代表する配合理論をご紹介したいと思います。

君臣佐使

君臣佐使(くんしんさし)とは、漢方医学または本草学で生薬をその役割から4つに分類する考え方で、 君薬=君主=作用の中心的役割を果たす 臣薬=大臣=君薬に次いで重要な作用を果たす 佐薬=補佐役=君薬を助ける役割を果たす 使薬=使用人=君臣佐薬の補助的役割を果たす

という配合理論になります。 「漢方薬に副作用は無い」などと言われますが、実はこの君臣佐使による配合理論がそれを可能にして います。漢方生薬の原材料である植物も、一定期間、一種類のものを食し続ければ、副作用が必ず現れ てきます。君臣佐使は、この植物が持つ副作用を相互に抑え、その効果を最大限に発揮させて、身体全 体のバランスをとり、治癒に向けて身体を整えるという漢方薬の特徴を体現する配合理論なのです。

君臣佐使

気血水とは、
『気』=人間の体の中を巡っている仮想的な「生命エネルギー」のようなもの、
『血』=体内を巡り組織に栄養を与える。血液がそれに近い、
『水』=血液以外の体液がそれに相当する、
という3要素の巡りを改善する事が、治療目標であるというのが、漢方での考え方の根幹です。 また、この『気』『血』『水』の不全をそれぞれ『気滞証(きたいしょう)』『瘀血証(おけつしょう) 』『痰飲証(たんいんしょう)』と呼びます。 気滞証=『気』の鬱滞が病気を起こすという発想は古くからみられ、血も水も気によって動かされるの で、気の鬱滞は血、水の鬱滞をもたらす。

瘀血証=俗に「ふる血」と呼ばれる状態で「血」と呼ばれるものが停滞した状態である。 痰飲証=痰は水、すなわち喀痰を含んだ体液全般を指す。狭義には胃内の停水をいう。 この気血水の不良を改善する為に、漢方薬はその配合を考えていきます。

こんな症状はありませんか?
目
目がかすむ、まぶしい、見にくい、失明する
脳
立ちくらみ、めまい、頭痛のぼせ、熱、眠れない
心臓
腹・胸部の痛み、動悸・息切れ
口元
ノドが乾く、咳・鼻水が多い、口が臭う
性
インポテンス(ED)、睾丸が痛い
お腹
オナラが多い、ケップが多い、腹部膨満感、食事がまずい、食欲が異常、吐き気、トイレが近い、貧尿、膀胱、泌尿器が痛い、便秘
皮膚
身体が脂っぽい、肌荒れ吹き出物、皮膚がたるむ、水虫、アレルギー性皮膚炎
外見
汗の異常
手足
手足のシビレ、手足のふるえ、足がつる、虫がはってる感じ、寒くなるとしびれが出る、手足の冷え、足裏の違和感、肩こり
ご相談
お電話でのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメール送信ページ
ページトップ