パンフレット

治療に効果的な成分

ご相談

糖尿病専門の相談スタッフが、今後のアドバイスや、生活上の不安などどんな小さなお悩みにも親切、丁寧にお答えします。
お気軽にお電話ください。

お問い合わせ
お問い合わせはこちら
漢方医学とは

糖尿病の薬物療法

薬物療法

糖尿病の治療には食事療法と運動療法が主となっていますが、血糖管理が上手くいかない場合 「薬物療法」を併せて行う事になります。注射による療法と経口薬療法の2種類があり、糖尿病の進行具合や血糖管理の状況を見ながら、どちらを利用するかを判断します。

経口薬療法

血糖値が大幅に高くない患者の場合は経口薬療法のみでも効果が得られ インスリンのように注射の必要が無いので治療を受け入れられやすいというメリットがあります。 この治療法は2型糖尿病の患者で「運動や食事で血糖値の改善が上手くいかない人」に最適で 実際、多くの患者に適用されています。

経口薬療法の種類

ブドウ糖の消費・吸収を調整する薬

ビグアナイド薬

(メルビン・グリコラン・ジメトスBなど)ブドウ糖の消費・吸収を調整する薬です。肝臓からのブドウ糖が血液に流れ込まないよう抑え、脂肪細胞や筋肉細胞でブドウ糖が多く消 費されるよう促します。

αーグルコシターゼ阻害薬

(セイブル・グルコバイ・ベイスンなど)小腸で糖質をブドウ糖に変換するときに利用する「αーグルコシターゼ」という消化酵素を抑制し、ブドウ糖の吸収を遅らせます。食事の後に血糖値を急上昇させないために用いられます。

インスリンに作用する薬

インスリン抵抗性改善薬(アクトスなど)

インスリンが分泌されていても血糖値が下がりにくい場合に使います。 ブドウ糖を筋肉細胞や脂肪細胞に取り込まれやすくし、インスリン抵抗性(インスリンが効きにくい状態)を改善させます。

スルフォニル尿素薬(オイグルコン・グリミクロン・ダオニール・アマリールなど)

すい臓のランゲルハンス島β細胞に作用し、インスリンの分泌を強化させる薬です。 薬の効果が長く続くという特徴を持っています。

速効・短時間型インスリン分泌促進薬(ファスティック・グルファスト・スターシスなど)

インスリンの分泌促進薬で、スルフォニル尿素薬との違いは、 即効性があり、服用後30分ほどで効果が最大になるという点で、食後の血糖値上昇を抑えるために用いられます。

インクレチン関連薬

経口薬:ネシーナ・グラクティブ・ジャヌビア・エクアなど
注射薬:バイエッタ・ビクトーザなど
小腸からインスリンの分泌を促進するために出されるホルモンを人工的に作ったものです。 最近開発された薬で、上記のように2種類あります。

尿に糖を排出して血糖値を下げる薬

SGLT2阻害薬(スーグラ、フォシーガ、ルセフィなど)

SGLTとは、「ナトリウム・グルコース共役輸送体」と呼ばれるタンパク質の一種のことです。SGLTは、体内でグルコース(ブドウ糖)やナトリウムといった栄養分を細胞内に取り込む役割を担っています。SGLT1とSGLT2があります。近位尿細管で再吸収されるグルコースのうち、90%はSGLT2の働きによるもので、つまりは、おしっこを作るときに糖を体内に再吸収するのに働いています。この働きを抑えるのがSGLT2阻害薬で尿にどんどん糖を排出して、血糖値を下げるお薬です。

経口薬療法の注意点

正しい服用方法を守る

糖尿病治療の薬には、速効型インスリン分泌促進薬、α-グルコシダーゼ阻害薬のように食前に飲まなければならない物もあります。薬の服用のタイミングや量は、間違えると効果が得られなかったり副作用がでる場合があるので注意しましょう。

食事療法・運動療法をやめない

糖尿病治療は、食事療法・運動療法が基本となります。 血糖降下薬を使い始めたからと食事療法・運動療法をやめず薬の量を減らせるようにしましょう。

二次無効に注意

全ての糖尿病薬において、次第に薬が効きにくくなる「二次無効」と呼ばれる物があります。 この場合は運動療法・食事療法をもう一度見直し、改善が見られない場合、医師の判断を仰いで下さい。

低血糖に注意

経口薬を服用していると低血糖状態になる事があります。 発汗、ふるえ、動悸、眠気、頭痛、脱力感、目のかすみなどの症状が出た時はすぐに ブドウ糖やジュース等の糖分を摂取してください。いつも以上に体を動かした時や食事が遅れた時は特に注意が必要です。あらかじめ砂糖やブドウ糖などを携帯して低血糖に備えましょう。

【経口薬療法ができない条件】 以下に当てはまる人は経口薬療法ができず「インスリン療法」を行うことになります。

  • 経口薬を使っても血糖値が下がらない
  • 肝臓や腎臓に重度の機能障害がある人
  • 妊婦や妊娠の可能性がある人
  • 手術後すぐまたは手術をひかえている人
  • 重い感染症にかかっている人
  • 足に壊疽がある人

こんな症状はありませんか?
目
目がかすむ、まぶしい、見にくい、失明する
脳
立ちくらみ、めまい、頭痛のぼせ、熱、眠れない
心臓
腹・胸部の痛み、動悸・息切れ
口元
ノドが乾く、咳・鼻水が多い、口が臭う
性
インポテンス(ED)、睾丸が痛い
お腹
オナラが多い、ケップが多い、腹部膨満感、食事がまずい、食欲が異常、吐き気、トイレが近い、貧尿、膀胱、泌尿器が痛い、便秘
皮膚
身体が脂っぽい、肌荒れ吹き出物、皮膚がたるむ、水虫、アレルギー性皮膚炎
外見
汗の異常
手足
手足のシビレ、手足のふるえ、足がつる、虫がはってる感じ、寒くなるとしびれが出る、手足の冷え、足裏の違和感、肩こり
ご相談
お電話でのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメール送信ページ
ページトップ