パンフレット

治療に効果的な成分

ご相談

糖尿病専門の相談スタッフが、今後のアドバイスや、生活上の不安などどんな小さなお悩みにも親切、丁寧にお答えします。
お気軽にお電話ください。

お問い合わせ
お問い合わせはこちら
漢方医学とは

三大合併症

糖尿病には症状が進むにつれ、他の病気を引き起こしてしまうという特徴があります。これを「合併症」と言い、その中でも特に多くの人が発症するものが「三大合併症」と言われます。

三大合併症

三大合併症とは

  • 糖尿病性神経障害
  • 糖尿病性網膜症
  • 糖尿病性腎症

の三つのことで、糖尿病発症に気づかなかったり、放置してしまった時間が長いほど その症状は悪化します。高血糖状態が続き、体全体がダメージを受けることが原因で、 神経症→網膜症→腎症の順に発症するケースが多くみられます。

三大合併症とは
三大合併症とは

それでは三大合併症についてもう少し詳しく見てみましょう

糖尿病性神経障害の発症時期は、平均して糖尿病になってから約3〜5年と一番早く、 高血糖値から血流が悪くなり、神経細胞に栄養が行き届かない、あるいは、ソルビトールが神経細胞に蓄積することでことで足などの「末梢神経」がまず侵されていきます。

症状

感覚神経:足先のシビレ・痛み、足の裏の違和感(紙が一枚張り付いているような感覚)足の感覚が鈍り火傷や怪我に気づかない
運動神経:筋肉が萎縮する、筋肉がつる(こわばる)、筋力の減退に伴う肩こりや腰痛
自律神経:立ちくらみ、胃腸の調子が悪い、発汗異常(汗のかき方がおかしくなる)、便秘・下痢、ED(インポテンス)

感覚神経が侵され、怪我に気づかずいると「壊疽」を起こし、足を切断することになりかねません。 アキレス腱を軽く叩き、反射で足が跳ね上がるかを検査する「アキレス腱反射検査」は、 神経障害の発見に有効です。

糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症

高血糖状態が続き、目の内側の毛細血管がもろくなると「網膜症」を発症します。初期の網膜症には自覚症状と言えるものが無く、症状が進んでから発見される場合があります。

症状

  • 明るさに弱くなる(以前よりまぶしく感じる)
  • 視野に一部欠落が認められる
  • 視野がピンク色になる時がある
  • 視界が歪んで見える時がある

まず「眼底出血」や「目の血管のこぶ」「白斑」などの異常が見られ、 酸素の供給のため、破れた血管の代わりに「新生血管」が作られます。新生血管はもろく 少しの衝撃や血圧上昇で破れ出血します。 物がぼんやりとしか見えなくなったり、糸くずや黒い点のような物が目の前に飛んで見える「飛蚊症」といった自覚症状がこの頃になってやっと現れ、 重症化すると「網膜剥離」を引き起こし、これが黄斑 部(視細胞が集まっている場所)で起こると 失明することもあります。眼科で定期的に検査をし、早期発見に努めましょう。

糖尿病性腎症

糖尿病性網膜症

高血糖が原因で腎臓でフィルターの役割をする「糸球体」に硬化などの異常が起き、 血液が正常に「ろ過」できず、尿にタンパクが混じるようになります。

症状

  • 夜によくトイレに起きる
  • 尿の臭いがきつい(甘いにおいがする)
  • 尿が細くなる
  • 注意力が散漫になり、疲れやすい。
  • 筋肉が痙攣する(こむらがえりがおきる)
  • 喉が異常なほど渇く
  • むくみが起きる

糖尿病性腎症はほとんど自覚症状が無く、時間をかけて悪化していくのが特徴です。糖尿病性腎症の早期発見には、「アルブミン」というタンパク質が尿に混ざっていないかを検査します。「尿アルブミン検査」でアルブミンが1日に30㎎以上検出された場合、糖尿病性腎症の可能性があります。最悪の状態になると「人工透析」が必要となり命に関わりますので検査結果を注意して見てください。

こんな症状はありませんか?
目
目がかすむ、まぶしい、見にくい、失明する
脳
立ちくらみ、めまい、頭痛のぼせ、熱、眠れない
心臓
腹・胸部の痛み、動悸・息切れ
口元
ノドが乾く、咳・鼻水が多い、口が臭う
性
インポテンス(ED)、睾丸が痛い
お腹
オナラが多い、ケップが多い、腹部膨満感、食事がまずい、食欲が異常、吐き気、トイレが近い、貧尿、膀胱、泌尿器が痛い、便秘
皮膚
身体が脂っぽい、肌荒れ吹き出物、皮膚がたるむ、水虫、アレルギー性皮膚炎
外見
汗の異常
手足
手足のシビレ、手足のふるえ、足がつる、虫がはってる感じ、寒くなるとしびれが出る、手足の冷え、足裏の違和感、肩こり
ご相談
お電話でのお問い合わせ
FAXでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメール送信ページ
ページトップ