カテゴリー別アーカイブ: 糖尿病性神経障害

糖尿病 三大合併症(神経障害 網膜症 腎症)5つの対策

糖尿病 三大合併症 とは、神経障害、網膜症、腎症です。

糖尿病合併症とは、糖尿病 が原因で起こる別の病気や症状のことで、糖尿病 の三大合併症には、糖尿病 神経障害、糖尿病 網膜症、糖尿病 腎症があります。また、この3つ以外にもいろいろな合併症がありますので、ご紹介します。

糖尿病 の三大合併症と言われる神経障害、網膜症、腎症は、高血糖が続いたことにより細い血管が傷むことで起こります。特に細い血管が集中している目と腎臓ではより症状が起こりやすくなります。

 

糖尿病 神経障害
この神経障害は糖尿病 の合併症の中でも最も早く起こってくるものです。
神経細胞への血流が滞ることで、手や足の神経障害が起き、手足のしびれや痛みがでてきますが、痛みを感じにくくなっていて気づかない場合もあり、ヤケドやちょっとした足の傷に気がつかず、感染が進んで足を切り落とさなければいけない事態もでてきます。足をこまめにチェックし異常があったらすぐに受診するようにしましょう。

 

糖尿病 網膜症
目の網膜にある血管が弱くなり、視力が落ち、進行すると失明する場合もあります。網膜内の細い血管の血流が滞ると、酸素などが上手く運べなくなるので、これを補おうとして小さな血管が新たに網膜にできてきます。しかし、急にできたものなので弱く破れやすい状態です。それが原因で網膜がはがれやすくなります。目の前に黒いゴミのようなものがちらついたり、視界の一部にカーテンがかかったような自覚症状が出てきたりします。

糖尿病腎症
腎臓の中にある毛細血管がもろくなり、だんだん尿が作れなくなります。腎症としての自覚症状は、はじめのうちは現れにくいですが、尿検査用試験紙で尿蛋白が陽性に出るようになります。悪化すると人工透析(機器で血液の不要成分をろ過するもの)が必要になったりします。腎不全になると糖尿病 の食事療法以外に、腎不全に対する食事療法も考慮しないといけなくなります。

 

太い血管による動脈硬化による障害(脳梗塞・心筋梗塞・狭心症など)
太い血管が動脈硬化により血流が途絶えたり、血栓がつまることで梗塞などの重篤な合併症状がでてきます。高血糖により傷ついた太い血管の内側にコレステロール等が蓄積し、血管が細くなり血流障害が起こります。主なものとしては、動脈硬化からくる脳梗塞、心筋梗塞、狭心症があります。糖尿病 に加えて、肥満・脂質異常症・高血圧があると動脈硬化を起こすリスクが高くなるので注意が必要です。

 

糖尿病 合併症対策

糖尿病 は、その合併症が怖いのですが、いたずらに恐れずその予防法をしっかり知っておくことが大切です。自分でしっかり気をつけておきたい5つの項目を紹介しましょう。

1.定期的に検査を受ける。(月1回)

まずは、専門家による合併症予防のためのチェックを定期的に行うことが大切です。
専門の先生が、個人個人の状態や経緯に合わせて、血糖コントロールの目標を定め、定期的にその都度、適切なアドバイスを受けられたり、質問することができます。また、血糖値をチェックしてもらっているという安心感にもつながります。

2.食事療法を守る

カロリーオーバーをすることなく、野菜を多く、脂肪・塩分を少なくバランスの良い食事を続けることが大切です。毎日体重をチェックするのも意識づけとして良いでしょう。

3.運動をする

毎日1時間程度の運動をする2型糖尿病 患者さんは、しない患者さんと比べて死亡リスクや脳卒中の発症リスクがほぼ半減すると言われています。無理をせずに運動して糖を消費することは有効な合併症予防法にもなります。

4.足を毎日チェックする

神経障害で症状が出やすい足をこまめにチェックし、異常があったら受診するようにします。

5.禁煙・リラックス・歯磨き

喫煙やストレス・緊張は、血管にダメージを与え糖尿病 の合併症のリスクを上昇させます。禁煙やリラックスをすることでそのリスクを抑えることができます。
その他、当たり前ですが毎日の歯磨きによる歯周病予防対策も忘れずに行います。

糖尿病 の合併症には、細い血管の障害による合併症、太い血管が狭くなりつまる合併症、その他感染等による合併症があります。特に血管からくる合併症は、糖尿病 だけでなく、肥満、脂質異常症、高血圧等によって悪化しやすいので対策を十分にとる必要があります。

合併症を予防するには、まずは定期的な診断を行うことです。やはり基本にはなってしまいますが、食事療法・運動療法をしっかり行うようにすることが大切です。

2016012616114033_178

 

糖尿病 と 自律神経 の関係

今日のテーマは 糖尿病 と 自律神経 の関係です。

自律神経 とは、心臓を動かしたり汗をかいたり、
自分ではコントロールできない自動的に働く神経のこと。
自律神経 は活動する神経といわれる『交感神経』と、
休む神経といわれる『副交感神経』の二つに分類され、
必要に応じて自動的に切りかわって働くようになっています。
眠れない、めまいがする・・・など様々な症状が 自律神経 の働きに関係しています。

交感神経が優位の時は仕事をしていたり、
緊張状態の時で、皆さんもご存知の
アドレナリンと言うホルモンが分泌されている状態です。
逆に副交感神経が優位の時は、休憩をしたり、
寝ている時などリラックスしている時で、
アセチルコリンと言うホルモンが分泌されています。

自律神経の主な働きは
・ 精神の調整
悲しいと涙が出る、驚くと心臓がドキドキするなど、
精神的な変化から身体の反応としてあらわす働き。

・神経の調整
外部の気温が上がっても体温が一定に保たれるなど、
外部から刺激を受けても身体を一定の状態に調整する(=ホメオスタシス)。

・内分泌の調整
ホルモン分泌とも密接に関係。
女性に自律神経失調症が多くみられるのは排卵・月経・妊娠・更年期等の
性周期がホルモンと深く関係しているため。

・免疫の調整
体内に細菌やウイルスが侵入すると抵抗力をつけたり、
発熱した場合に熱を下げようするなど、病気の予防や治癒のための働き。

自律神経とは身体の様々な部分を司っているんですね。

以前紹介した、糖尿病性神経障害ですが、
大きく分けると、「末梢神経障害」と「自律神経障害」の
2つに分かれます。
以前の投稿ではおもに末梢神経障害について取り上げていますので、
そちらもご覧になってみてください!

http://tounyouinfo.jp/blog/archives/29

自律神経障害がおきると、
自律神経は、全ての内臓(心臓、肺、胃、腸、膀胱、子宮など)や
腺(内分泌腺、汗腺、唾液腺など)、
血管などを支配し、自分の意志とは無関係に、生体のホメオスタシスを維持するのに必要な機能を行っています。
すなわち、呼吸、循環、物質代謝、体温調節、消化、分泌、生殖など、無意識に行われている機能を調節しているのです。したがって、自律神経に障害が生ずると様々な症状が出現する可能性があります。
例えば、胃のもたれ(胃無力症)、便秘や下痢、起立性低血圧による立ちくらみ、
排尿困難やインポテンスなどの症状が現れます。

また、低血糖が起こっても動悸や発汗などの警告症状が出現せず重症化する可能性もあり、
心筋梗塞が起こっても痛みに気付かず(無痛性心筋梗塞)重篤化を招くこともあり注意を要します。

糖尿病と自律神経というのは
こんなにも深く関わっているんですね!
「自律神経失調症」とも言われますが、
糖尿病ではない方でもバランスを崩して
発症します。

ちょうど今の季節、春先になると乱れやすいと言われております。
最近なんだか寝れないなど、上記の症状に思い当たる方は、お近くの病院などで
検査を受けてみてはいかがでしょうか?
自律神経のバランスは血液検査で調べることができます。
費用の方は2000円〜4000円ほどで結果も翌日にはわかるようなので、
気になる方はお近く医療機関に問い合わせてみて下さい!

それでは本日も皆様の健康と幸せを願いまして
失礼させていただきます!!m(_ _)m
続きを読む