高血圧 を改善! 正常な血圧を知るための4つの方法

高血圧 に注意していますか?
高血圧 は生活習慣病の1つであり、様々な病気を引き起こす原因となる恐ろしい症状です。

高血圧 は脳卒中や心筋梗塞などの命に係わる病気を引き起こす最大の危険因子です。高血圧 の人は、そうでない人に比べて、なんと3~4倍も脳梗塞や脳出血の原因となる動脈硬化になる可能性が高まります。
また、糖尿病の人の40~60%が高血圧を併せ持っていると言われております。

高血圧 は自覚症状がほとんど無いため放置されがちですが、血圧が高いということは、いつ爆発してもおかしくない爆弾を体の中に抱えているのと同じ状態という認識を持って下さい。

血圧を下げ高血圧を改善することで、脳梗塞や脳出血、糖尿病などを予防・改善に繋がると言ってもよいでしょう。理想的な血圧の値や血圧を下げる方法をご紹介します。

 

【理想的な血圧・正常な血圧の範囲を知る】

高血圧 状態が長く続くと、常に血管に負荷がかかります。高血圧 により血流が増えその圧力で、血管壁が傷つき、血管壁を修復するために血小板などの成分が沈着します。修復する量が通常の範囲内なら問題ありません。

しかし、高血圧 により常に血管壁が傷ついていると、修復する為の血小板がドンドン沈着していき、やがて動脈硬化を起こし、脳梗塞や脳出血を引き起こす原因となります。したがって、動脈硬化を起こさない為にも理想的な血圧の値に保つ努力をすることが重要となってきます。

現在、日本高血圧学会の診断基準の「理想的な血圧(至適血圧)」「正常域血圧」「高血圧」は次のようになります。

分類 収集期血圧(最大血圧)   拡張期血圧(最小血圧)
至適血圧(理想的な血圧) 120㎜Hg未満 かつ 80㎜Hg未満
正常域血圧 130㎜Hg未満 かつ 80~89㎜Hg
Ⅰ度(軽症)高血圧 140~159㎜Hg または 90~99㎜Hg
Ⅱ度(中度)高血圧 160 – 179㎜Hg または 100~109㎜Hg
Ⅲ度(重度)高血圧 180㎜Hg以上 または 110㎜Hg以上

「高血圧 」に当てはまる人は注意が必要です。以下の高血圧 の改善方法を参考にしてみて下さい。

【生活習慣を改善し、高血圧 を改善しよう!】

高血圧 の9割以上は生活習慣が関係しています。「食塩の摂り過ぎ」「肥満」「運動不足」「多量飲酒」などの生活習慣が血圧上昇の原因となっているのです。

血圧を下げる為には、日頃の食事やたばこ、お酒、肥満といった生活習慣を徹底的に見直し、できるところから改善していくことが大切です。血圧を下げる生活習慣の改善ポイントは次のような点です。

①肥満であればダイエットする

肥満は高血圧 と深い関係があります。肥満には血圧を上げる複数の要因があるからです。肥満度が上がれば上がるほど血圧は上がります。

体重を1㎏減らすと1.5㎜Hg 位血圧が低くなると言われています。単純計算で、10㎏体重を落とすと15㎜Hgも血圧が下がることになります。収縮期血圧が10㎜Hg下がると、脳卒中の発症率が約30%減るとされています。

常日頃ダイエットをして自身のBMIの値を正常値に保つよう努力をしましょう。

②食事を減塩し、塩分を減らす

塩分の摂り過ぎは、高血圧 を招く原因です。 塩分を摂りすぎるとナトリウムが水と結びつき、血液の量が増えたり、血管が収縮しやすくなることで、結果的に血圧が上昇してしまいます。

現在の日本人の塩分摂取量は1日に12ℊと言われています。WHO(世界保健機関)の推奨する1日5ℊという数字は無理だとしても、理想的には、1日7ℊ~10ℊ以下に塩分摂取量を抑えるようにすることで、血圧が下がり脳梗塞・脳出血・糖尿病のリスクが低下します。

③お酒を控える

お酒は百役の長と言われる通り、ストレス改善や血行を良くなるといったメリットがあります。しかし、大量にお酒を飲み過ぎると血圧が上昇してしまい高血圧になります。脳出血やくも膜下出血は飲酒量に比例して危険性が高まるという報告もあります。

国立がん研究センターの調査では、アルコール摂取量が日本酒で「1日平均3合以上」の男性は、「時々しか飲まない」人と比べ、脳卒中を発症する確率が1.6倍に増加するとされています。また、女性でも、「1日平均1合以上」飲む人は、脳卒中を発症する確率が1.5倍以上増加するが分かっています。

④ストレスを解消する
ストレスは血圧を上げる要因の1つです。特に働き盛りの世代は、ストレス盛りでもありますのでストレスを溜めない・解消することが大切です。

yjimage