ストレス と糖尿病の関係 ストレスは糖尿病を悪化させる!?

ストレス と糖尿病について

糖尿病といと、多くの人が食事や運動習慣が関係していることをイメージされるのではないでしょうか?

周知の事実、糖尿病は運動習慣も大に関係がある事実です。

しかし、糖尿病にはストレス も大きく関係しているということは、意外と知られていません。
ストレスを放置すると、糖尿病の発症の引き金になったり、すでに罹っている糖尿病の症状の悪化につながったりすることもあるのです。

なぜ、ストレス と糖尿病に関係があるのか、糖尿病を防ぐにはどのようにしたら良いのかをご紹介します。

【ストレス が糖尿病の原因になるってどういうこと?】
緊張や不安などのストレス があるときに、胸がどきどき(心拍数が増加)したり血圧が上がったりした経験はないでしょうか。

この現象は、ストレス によって分泌されたアドレナリンやコルチゾールというホルモンが影響しています。加えて、実はこの2つのホルモンは、心拍数の増加や血圧の上昇以外にも、血糖値を上昇させる作用があるのです。

糖尿病は血液中のブドウ糖の濃度、すなわち血糖値が慢性的に高い状態の時に診断されます。
普段は余分なブドウ糖は筋肉などの細胞に蓄えられていますが、ストレス によりアドレナリンやコルチゾールが多量に分泌されると、蓄えられてブドウ糖が血液中に放出され、血糖値が上昇してしまいます。

上昇した血糖値は、膵臓から分泌されるホルモンであるインスリンにより下げることができますが、ストレス は上記の2つのホルモンを分泌させて、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効きを悪くしてしまいます。
身体が血糖値の高い状態に反応してインスリンを分泌しても、血糖値が下がりにくくなってしまうのです。

慢性的にストレス を受けている状態が続くと、血糖値も慢性的に高い状態が続くことになり、糖尿病になりやすい状態になるのです。

 

【ストレス が糖尿病の症状を悪化させるのはどうして?】

先述のとうり、ストレス によって血糖値が高い状態になってしまうことが、糖尿病を悪化させる一因となります。
また、糖尿病の主な治療は食事や運動などの生活習慣の見直しにあります。

しかし、ストレス が溜まるとどうしてもお酒の飲む量が増えたり、甘いものが食べたくなったり、暴飲暴食につながりやすくなります。
運動においても、運動がストレス 解消になるタイプの人であれば問題ありませんが、ストレス によるイライラで運動することが億劫になり、中断につながることもあるでしょう。
ストレス 自体が血糖値を上昇させてしまうだけでなく、ストレス によって食生活や運動習慣の乱れが生じ、治療に悪影響を与え糖尿病を悪化させてしまうのです。

 

【ストレス を溜めないようにするには?】

私たちの普段の生活には、仕事や家庭・友人関係などさまざまな悩みによってストレス を受けることがあります。

さらに、糖尿病の治療においてはそういった日常生活で生じるストレス以外にも、食生活や運動習慣の見直しといった今までのライフスタイルを変えないといけないことによるストレス 、糖尿病の症状によるストレス 、病気が悪化してしまうのではないかという不安からくるストレス ・・・さまざまなストレス が起こりやすい状態と言えます。

 

では、どのようにしたら過度なストレス を溜めずに生活することができるのでしょうか?

飲酒や食べること以外でのストレス 発散方法を見つけることが大切です。
好きな音楽を聴いたり、映画を見たり、ドライブに出かけたりしましょう。
人によっては誰かに話を聞いてもらうことで自分の気持ちを吐き出し解決方法が見いだせたり、聞いてもらうこと自体で気持ちがスッキリすることもあるでしょう。

【糖尿病の悪化を予防するためには、ストレス を溜め込まない生活を送ることが大切】

生活していく中で、全くストレス のない生活を送るのはあり得ないことと言っても良いでしょう。
しかし、これまで説明してきたように、ストレス は糖尿病に悪影響をもたらします。
自分に合ったストレスの発散方法をみつけて、ストレス を溜めこまない生活を送るよう心掛けましょう。

sample_photo3