サラシア の2つの特徴 血糖値を抑えて糖尿病改善

サラシア はサラシアというニシキギ科サラシア属の植物の根を原料としています。

現地名を『ポンコランチ』といい、インドやスリランカなどの熱帯地方に自生しています。その根に“DASDES”という成分が発見され、成分自体が日本とアメリカの特許によって保護されています。(特許第3030008号、USA特許出願番号09/773652号)

 

サラシアの2つの特徴

①血糖値上昇の抑制

第一は、食べたものの糖質の吸収をしにくくさせることです。医者から食事制限を勧められている人は、食事を減らしたことと同じ結果になります。

これは糖質の吸収に関してだけであり、ビタミンやミネラルなどには影響しません。

蛋白質や脂肪には作用しないので、肉や天ぷらなど食べ過ぎないようにする注意はもちろん必要です。栄養分を損なわず、糖分だけを三割減らせることは大きいことです。

なぜなら、せっかくバランスを考えて食事を摂っているのですから、栄養成分を損ねては意味がありません。

サラシアを飲むことは、食事制限をすることと同じなので、血糖値に変化が現れます。結果がすぐに出る人もいますが、中には時間がかかる人もいるようです。
顔のつくりや体のつくりが、それぞれみな特徴があり、違うように、効果にも個人差があるのです。

食生活はバランスと量を考えなければなりませんが、このサラシアを飲むことで、無理な食事制限をする必要がなく、糖の吸収については効果が出たということなのです。

糖質の吸収を妨げる効果は数々の実験によって膨大なデータとして残っています。
それは病院で使われている薬「グルコバイ」の約五倍です。
しかし薬品ではなく、「お茶」として毎日飲めるくらいのものですから服作用の心配をすることもありません。

「サラシア」はインドでは「アーユルヴェーダ」と呼ばれる古代医学四千年の歴史に支えられています。

日本でも年間十万人を越す人々が飲んでいるそうですが、副作用の報告はありません。

②合併症の予防改善

第二の特徴は合併症の予防と改善作用です。

今のところ、この作用がある医薬品や天然物はサラシア以外にはありません。際立った特徴であり、これが糖尿病の特効薬と言われる所以です。

最近の研究で合併症が起こる仕組みが大分解明されています。

三大合併症と言われるように、目と腎臓、神経になぜ重大な障害が起こるのかというと、目や腎臓や神経には多くの「アルドース還元酵素」があり、普段はほとんど動かないこの酵素が、血糖値が高くなると活性化し、そのためにアルドース還元酵素の多い臓器に病変が起きます。

サラシアはアルドース還元酵素の働きを直接抑えることができるために、血糖値が高くても、合併症になりにくいということです。

糖尿病の治療目的は合併症の予防です。
今までは血糖値を下げるだけで、予防法がありませんでした。
病院に通っていながら、結果が思わしくない人たちにとっては明るい話題になると思います。
病院から投与される薬と一緒に飲んでも構いません。飲み合わせの悪さはまったくありません。

そして、病状が良くなれば、副作用の心配のある病院の薬を止められたらいかがでしょうか。サラシアはお茶のようにして飲めるので生活の中に習慣として無理なく取り入れることができると思います。

ingredient_06_sarasia

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎サラシアについてのご相談は⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

http://tounyouinfo.jp/ingredient.html#nikasho